株式会社BRAVE フリーソフト
データ復旧パソコン修理MYUフリーソフトのススメ > オフィスソフト

フリーソフト−オフィスソフト

データ復旧/復元パートナー募集

対抗ソフト

Microsoft Office・Lotus Office・一太郎 などなど

紹介するフリーソフト

Open Office
「Microsoft Office(マイクロソフトオフィス)」に対抗できる、無料のソフト!

それは「OpenOffice(オープンオフィス)」という名前です。オープンソースで制作されているソフトです。

OpenOfficeにはWindows・Linux・Solaris・Mac版があって、ワープロ用「Writer」、表計算用「Calc」、プレゼンテーション用「Impress」と、
補助的な数式エディタの「Math」、画像編集ツールの「Draw」、さらにホームページ作成用ソフト「HTML Editor」が入っています。

そして「OpenOffice」は、MS Officeとデータの互換性があるので、Office97/2000で作られたファイルを読み書きすることができます。
OfficeXPも、2000とほとんど変わらないため、公式にサポートされていないものの、問題なく読み込めます。
データの復旧に役立つこともあります。

OpenOffice.org 日本ユーザー会という所に色々な情報や、ユーザーが製作された文書データなども沢山あります。

詳細は、そちらの方をご覧ください。


ダウンロード方法

日本ユーザー会のダウンロードページで並んでいるミラーサイトの中から、日本語バージョン(日の丸の付いている物)を選び、
どこでも好きなところを選んでダウンロードします。
50MB程ありますので、ダイアルアップの人は知り合いに貰うか、何かの雑誌で付録なんかでついてるものを探した方がいいかもしれません。
勇気ある方は挑戦してください。家庭内紛争の元にならないようにしてください(^^ゞ
ダウンロードしたら、解凍して、「setup.exe」を実行します。問題なくインストールができます。

具体的使用方法は、日本ユーザー会のOpenOffice.org Tipsのページを参考にしてください。

簡単にOpenOfficeとMS Officeの違いだけを説明します。
Writer→WORD

縦書きに弱いんです。それ以外は充分です。日常でもビジネスでも、まったく問題はないと思います。
ただし、互換性はしんどいです^_^;
複雑なものは再現率が低いですね。その上フォントの指定を無視しまくってくれます。


Calc→Excel

素晴らしいの一言です!関数もほぼExcelと同じものが使えます。
ただし、VBAは使えません。


Impress→PowerPoint

微妙に違うところがあるようですが、基本的に問題ありません。
数式エディタと図形エディタのDrewは、それぞれMS-Officeの付属ソフトと同程度の機能だと思います。
HTMLエディタは、FrontPage Expressよりちょっとマシって感じです。
だけど、フリーソフトでここまでってのはすごいと思います。
いいことだけ考えると。ホームページエディタ(ホームページ製作ソフト)が付いてくるし、プレゼンソフトが付いてくる。
これはMS Officeには無いですもんね。
それでも、フォントの違いの理由で、レイアウトが崩れたりするので、そういう問題もあります。
だけど、世界中で使われる中で、皆の手によって改良されていくソフトです。
いずれ…近いうち…?問題なく使用できるようになるのではないでしょうか?