株式会社BRAVE パソコンのこと
データ復旧パソコン修理MYU今更訊けないパソコンの話 > パソコン修理にはメリットある?2_3

今更訊けないパソコンの話ーパソコン修理〜

データ復旧/復元パートナー募集

パソコン修理にはメリットある?2_3

メモリは、どんどん進化しています。
性能は、日々上がっている、と言っても過言ではないと思います。

例えば、Windows95の最低動作保障の必要メモリは、32MBでした。
Windows98になり、これが、64MBにアップします。

更にME/2000になると、128MB。XPでは、256MB。VISTAにいたっては、512MBです。

そして、これは、最低動作保障であって、何かのソフトを入れると、極端に動作は遅くなります。
ですから、通常で、この倍の数値は、必要だと考えてください。

VISTAにいたっては、2GBのメモリがないと、満足に快適には動作しないと思います。

さて、話がそれました。

Windows95、あるいは、それ以前の時代は、SIMMというメモリが使われていました。
2枚一組で使うというのが特徴でした。
しかし、これは、Windows98になる頃からDIMMが主流に変わります。
DIMMの時代は少し長く、XPの手前まで続きます。
XPが出てからは、DDR、DDRUと変化します。途中(あえて途中と書きますが)RIMMという規格もありました。
このメモリの種類、後になればなるほど、高速で、高性能です。

詳しい違いは、また後に譲りますが、問題は、この規格ごとに、形状が異なる、ということです。
そのため、マザーボード(システム基盤)により、搭載できるメモリの規格は決まる、ということなのです。

また、今は、1枚で1GBとか、2GBというメモリも普通に存在しますが、
そんなメモリは、Windows98などのマシンには逆立ちしても搭載できません。

当然ですが、昔のメモリほど、ある意味在庫の品物になるので、貴重品で、高額になります。

そのため、ここでも、買い換えたほうがお得、という事態が発生することになります。