株式会社BRAVE パソコンのこと
データ復旧パソコン修理MYU今更訊けないパソコンの話 > ADSLと光ファイバー、やっぱり光は早い?

今更訊けないパソコンの話ーパソコン修理〜

データ復旧/復元パートナー募集

ADSLと光ファイバー、やっぱり光は早い?

これはやはり光が早い!とお答えします。
通常で言えば、数倍は変わってくるはずです。
この速さは、インターネットでホームページを閲覧しているときに、その開く速度で体感することができるはずです。

しかし、まれにかえって遅くなることがあります。これは、ご存知の上で、申し込まれたほうが良いでしょう。

これは、実際に大阪の西中島で起こったのです。
当初ADSLをされておられました。プロバダはOCNで、フレッツADSLです。このとき速度は、12MB(メガバイト)出ておりました。
更なる速度アップを求められて、フレッツ光のホームプランを申し込まれました。プロバイダはそのままです。
長かった待機期間が過ぎ、待ちに待った接続工事の日がきました。
手早く終わるCTU(終端装置)などの工事だったそうです。
工事終了後、接続設定をしていただき、さあ!いよいよ!と、胸を膨らませ、インターネット開始です!
ところが、あれ?…あれれ?「ちょっと遅くない?」…あれ?っということになりました。
不審に思ったこの方から、すぐ当社へ相談がありました。
実際に訪問し、速度計測を行ってみると、なんと!4MBしかでていないのです。
こ、これは、いくらベストエフォート型の契約とはいえ、ひどい。
100MBとうたっておいて、実際には4MB。これでは、お客様も納得がいきません。元々、NTT側からの営業であったため殊更不満です。
結局、NTTへ問合せを行い、後日、再工事となりました。
結果、20MBになりました。
ADSLのころで12MBですから、8MBアップしたことになります。これで、お客様も納得され、事なきを得たようです。
「NTTの局舎は、すぐそこに見えているのに〜」と仰っていました。

なぜ、こんなことになったのか?

理由はどうやら、最初に工事に来られた方の、光ファイバーの切断処理の角度、及びCTUへの接続設定がまずかったようです。
そうです。工事の方、一人の腕でこれだけ変わってしまうのです。
当時は、NTTの分割化が進み、光も出始めで、工事の方も慣れていなかったのでしょう。
今ではそんな例は無いのでしょうが、こうしたこともある、と知っておいたほうが良いかもしれません。
また、光ファイバーの100MBはあくまで理論値で、実際にはなかなか難しいようです。
当社で確認できた細大速度は、46MBでした。
実は、この光ファイバー、場合によっては、パソコン修理を必要としてしまう場合があります。
それは、また次回の更新で♪