株式会社BRAVE パソコンのこと
データ復旧パソコン修理MYU今更訊けないパソコンの話 > 壊れないパソコンが欲しい

今更訊けないパソコンの話ーパソコン修理〜

データ復旧/復元パートナー募集

壊れないパソコンが欲しい

これは、残念ながら不可能です。
壊れない車もありませんし、飛行機もありません。テレビも壊れますし、掃除機、炊飯器でも壊れます。
ですから、壊れないパソコンなど、この世に存在しません。
当社で製作し、販売しているパソコンでも、いつかは、必ず壊れます。
特にハードディスク(HDD)や、CDドライブなどというパーツは、回転系のパーツです。
回転することで、初めて用を為すパーツは、消耗品と考える必要があり、必ず壊れます。

よくこんなことを電気店で、店員さんに話されている方をお見受けします。
「今回故障でヒドイ目みたから、今度は故障しないパソコンが欲しい。高くても良いから」と。

こういうお客様相手に笑いながら店員さんは、高額なモデルを薦めます…。
かわいそうです。
それは、明日壊れてもおかしくないからです。

パソコンのパーツは、先にも伝えましたが、主要パーツは決まっています。
その性能や、容量(数値)の大きさによって、パーツ価格が変わりますので、パソコンの価格は変わります。
ただ、大事なことは、どのメーカーのどのモデルを購入しても、その購入されたメーカー製100%のパーツで出来上がっているパソコンは
たったの1モデルたりとも無い、ということです。

つまり、ハードディスク(HDD)を例にとりますと、この製造元は、HITACHI、TOSHIBA、FUJITSU、MAXTOR、SEAGATE、SUMSONGです。
ということは、これ以外のメーカーは、このどこかのハードディスク(HDD)を仕入れて製造している、ということになります。
光学ドライブは、松下、TEAC、SONY、NEC製が多くなります。
液晶は、HITACHI、PHILIPPS、SUMSONG、MITSUBISHIなどが主流。

ということは、どのモデルを購入しても、結局様々な製造元からパーツを集め組み込んでいる。
だからどこのものを買っても壊れる確立は、イーブンです。
また、これがメーカー以外でのパソコン修理を可能にする理由でもあります。