株式会社BRAVE データ復旧
データ復旧パソコン修理MYU > データ復旧の雑学

データ復旧の雑学

データ復旧/復元パートナー募集
データ復旧の雑学―目次

RAID-O(ストライピング)に関して

最近、RAID(レイド)機能を、搭載したマザーボードが多くなり、この言葉に出会う方も増えていると思われます。
しかし、表題のRAID-0(ストライピング)は万一に備えてデータを保存する、という概念では、全く効果がない
却って邪魔をすることになる、とお考え下さい。
この状態のデータ復旧は、非常に難しく、費用がかなりかかります。

ストライピングとは、あくまでハードディスクのアクセス速度を上げることが目的です。
例えば100という大きさのファイルを、1個のハードディスクに書き込むのに、60秒かかるとします。
ストライピングの状態では、書き込む前に100のファイルを50・50の大きさに分けて2台のハードディスクに書き込むのです。
これは、約半分の時間、 つまり30秒で処理が終わることになり、システムの速度は上がることになります。
しかし、「03 ファイルの損傷」で説明しましたが、ファイルは、厚みのある本だといいました。
ということは、先の例から言いますと、50ページ・50ページに分けて書き込みを行うということになります。
考えてみてください。
仮にこの状態で片方のハードディスクが壊れるとどうなるか?
本は、半分のページしか残りませんから、永遠に最後まで読める本ではなくなる。
そうです、ファイルが破損したのです。しかも永遠に戻りません。

それなら、壊れた残りの50ページを取り出して、元の50ページとつなげればよいではないか?と言われる方があるかもしれません。
これが簡単にはいかないのです。
想像してみてください、破けた本をつなげる。  つなぎ目は、どうなりますか?
テープを使って製本しなおす???  本なら可能かもしれません。
しかし問題になっているのはデータファイルです。これは、なかなか難しい作業なのです。

ですからRAIDを使用される場合は、ストライピング以外でお願いします。
これは、データを保存し、データ復旧をする、という事態を避けるためには、絶対に必要な考え方です。
しかし、この注意は、様々なツールを利用して復旧を行おうとする方のために注意として申し上げました。
RAID-0が、全く復旧不能、ということではありません。ご安心ください。

注意事項利用規約をご確認の上、診断フォームよりご相談ください。
このご相談の時点より、当社MYU-ミュウ-の守秘義務は発生しております。