株式会社BRAVE データ復旧
データ復旧パソコン修理MYU > データ復旧の雑学

データ復旧の雑学

データ復旧/復元パートナー募集
データ復旧の雑学―目次

ハードディスクリカバリ(ディスク・トゥ・ディスク)モデルのパソコン

最近のパソコンは、表題のようなリカバリ方法を標準とするモデルが多くなっています。
この方法が、実は、パソコンを修理するうえで問題となる場合や、データ復旧/復元を行う際に注意点・問題点となることがあります。
リカバリ用メディアを付属して販売しているメーカーは富士通製品やDELLなど少数です。

WindowsというOSは、使用している間に必ずトラブルを生んできます。
これは、問題の無い使用状況であっても普通に起こります。
こうした時に、リカバリ(初期化)を行って、パソコンを購入時に戻す、ということはよくあることです。
この方法が、メーカーによって異なります。

以前のパソコンは、このリカバリ用メディアが必ず付属していました。
しかし、最近は便利にリカバリできる、という謳い文句でハードディスクの中にリカバリデータを保存しているものが主流です。
そして、希望する人は自分でこのデータをCDに書き出しリカバリCDとして保存しておく、というものです。
この方法は、確かにリカバリは簡単に行えます。
しかし先にお伝えしましたが、ハードディスクは消耗品と考える必要のあるパーツです。
消耗品の中に、リカバリ用のデータを保存して販売されている、ということになっています。

このため、このリカバリデータを書き出し保存する、ということを行わないままハードディスクが故障する。
という例が毎日発生しています。

この場合、このリカバリデータはメーカーより購入することになります。
ハードディスクを交換し、 この購入したCDよりパソコンを再度復旧させるわけです。
気をつけていただきたいのは、一部のメーカーにはこのCDを販売してくれないメーカーがある。ということ。
そして、このデータをCDに書き出すことさえできないパソコンがある、ということ。
また、最も大きな問題として、不思議なことにこのリカバリCDから リカバリできないモデルがある、ということです。
このリカバリできないモデルは、当社MYU-ミュウ-としても非常に驚きました。

パソコンを購入される際は、必ずリカバリの方法をご確認ください。
そして、少なくともリカバリCDが作成でき、このCDからリカバリできる、ということを確認されたほうが良いと思います。

当社で、ハードディスクを交換する必要のあるパソコンの場合で、上記のCDを作成されていない場合は
メーカーよりの購入をお願いすることがあります。
ご事情は説明し、皆様にご理解はいただいておりますが、大半の方は初めて聞いた、という方ばかりです。
確かにマニュアルにも記載は弱いのですが、是非、ご自身のパソコンをチェックされ、必要な方はこのCDを作成してください。
そうすれば、仮にデータ復旧/復元しなければならないハードディスクの故障でも、少なくともパソコンを元に戻すという意味では
心配はなくなります。