株式会社BRAVE データ復旧
データ復旧パソコン修理MYU > データ復旧の雑学

データ復旧の雑学

データ復旧/復元パートナー募集
データ復旧の雑学―目次

ディレクトリの紛失

通常、Windowsは、ツリー構造でディレクトリが構成されています。
例えば、XPの場合、「マイドキュメント」というディレクトリは、

マイコンピュータ ⇒ C ⇒ Document and Setting ⇒ ユーザー名

の中に存在しています。(一度ご自身で確認してみてください)
ところが、故障したハードディスクの場合、データ復旧/復元する際には、すでにこうした構造が壊れてしまっている場合があります。

例えば、上記の「マイドキュメント」の中は、更に分割されて、「マイピクチャ」は、ここに存在します。
最近のデジカメ付属ソフトは、このマイピクチャに自然に写真を保存するようになっているものが増えてきていますが、
このマイピクチャが壊れてしまっていると、データ復旧/復元を行った時にバラバラと写真ファイルがでてきます。
しかし、この写真ファイルには、インターネットのキャッシュファイルも含まれており、それらのファイルも一緒くたに「写真(JPEG)」として
でてきてしまうことがあるのです。
この場合の区別は、サイズで見分けるしかありません。
こうした場合、数千個あるファイルから、大きさで分別します。
このように、どこにあったはずなのか、全く分からずファイルのみが出てくる、ということもあるのです。