株式会社BRAVE パソコン修理おさるDr.の独り言−バックナンバー
データ復旧パソコン修理MYU > パソコン修理おさるDr.−バックナンバー

パソコン修理おさるDr.−バックナンバー

現在はブログへと移行した「パソコン修理おさるDr.の独り言」のバックナンバーを此方に纏めてあります。
現在稼働中のおさるブログは此方→ http://challenge-myu.seesaa.net/
03.06.0103.06.09 03.06.1503.06.23 03.07.1303.07.23 03.09.06
04.01.1005.05.03 05.08.0205.08.03 05.08.2205.09.12  
おさるDr.の独り言03.07.13
久々に帰ってきたで〜♪
ところで、マックのパソコンは昔から結構1GBクラスのメモリを搭載してるのに、Windowsはかなり最近になってからやね。
さてそれは、なんででしょう?

ご存知の方も多いと思うけど、スワップ(ウフ♪って笑った人はエッチかも)がその理由。
これもWindowsの特徴だけど、実装するメモリが小さい代わりに、ハードディスクの一部をメモリの代わりに使う決まりになってるんやね。
これがスワップ!

処理の途中で、データの一部をHDDに移行するんやけど、これが曲者。HDDは、メモリに比べると処理速度が遅い!
メモリは、一時的に手一杯になったからHDDにデータを預けて処理を依頼したんやけど、仕事が遅いもんやから
結局HDDの処理が終わるのをシステム全体で少し待つことになる。でないと次へ行けへんから。

これが「パソコンが遅い」とか「ようフリーズするわ〜」という原因のひとつ。
せやけど、この機能がないと、とっくにWindowsは動かなくなってるのも確かなんやねん。
便利なようで、便利でないようで…
このスワップは、基本的にCドライブにスワップファイルを作ってそこで動作するんやわ。
せやし、Cドライブは空き領域を大きめにとっておかないとあかんよ!でないと、すぐフリーズするから。
データ復旧/復元パートナー募集